銀山温泉と藤や

藤屋のジニーさん

銀山温泉の旅館藤屋のおかみさんがジニーさんです。コマーシャルにも出たりしてちょっとした話題になっています。藤ジニーさんは本も出版されています。「ニッポン人には、日本が足りない。」という本です。自然と人の目が集まるので広報的にも良い効果があるのでしょうね。 もちろんおかみさんですから銀山温泉で旅館の仕事をこなしたりしないといけない。日本人でも大変なのに異文化の中大変だろうなあと思います。

銀山温泉が舞台

銀山温泉が舞台になったもので有名なのが「おしん」ですが千と千尋の湯屋のモデルもここなのでは無いかと言われていたりします。しかしこれはどうやら憶測に過ぎないようです。ベストリザーブ 宮崎監督本人も特定のモデルは無いと言ってるそうですし。千と千尋の湯屋のモデルは道後温泉もそうでは無いかと言われます。結局の所時代の様式的なものをモデルにしたんだろうなと思います。いろいろな同じような風情の建物を見てイメージを膨らませていって、物語に必要なものは付け加えたり必要でないものは省いたりする必要もあったでしょうからそうして出来ていったのでは無いかなと。雪中梅 まったく一緒のようにしているのであればこれはここがモデルとすでに断定されている事でしょうがそれがされていない以上やはり監督の頭の中で出来たイメージなのでしょうね。銀山温泉の古い建物を見てイメージを膨らませる旅もまた面白い発見がありそうです。花灯路

銀山温泉に行く季節

銀山温泉に旅行に行く場合にまず迷うのは旅館か季節でしょうか。温泉どこ入ろうかななんて事も迷いの一つですがそれは気のみ気のままでも充分楽しめるような気がします。ルスツリゾート旅館は良い所で無いと心地好く過ごす事が出来ないし季節を間違うと自分が見たいと思っていたものを見る事が出来ないかもしれません。とりわけ季節は風景がガラッと変わるので大切な要素の一つです。銀山温泉を選ぶという事は景色も楽しみに行っていると思いますから。北海道庁紅葉の時期に行くのか雪景色の時期に行くのか春夏の暖かい季節に行くのか迷いますね。私の好みとしては温泉旅行なら秋冬かなと思います。雪か紅葉かというと正直迷います。これは好みの問題なので雑誌などを見てどの季節の銀山温泉を自分は見たいのかイメージしておくと良いでしょう。ライブカメラではありませんがYOUTUBEには銀山温泉を特集した動画がいくつかあります。これらもイメージの一助にはなってくれるでしょう。竹下通り

その他のカテゴリー

無料ブログはココログ